2019年9月1日から日中社会保障協定が有効になりました

2019年9月1日発効、日中社会保障協定における技能実習生の扱いについて、

詳細な説明がありましたので、ここにご紹介します。


日・中社会保障協定 ~二重負担の解消~


【よくあるご質問:技能実習生について】

社会保障協定は、技能実習等の在留資格とは関係なく、協定上の規定に基づき「就労」、「年金制度への加入」等を基準に適用調整を行います。


 • 中国の年金制度(被用者基本老齢保険)に強制加入していない技能実習生については、

就労地国である日本の年金制度のみに加入することとなります。

 • 中国の年金制度(被用者基本老齢保険)に強制加入したまま中国の雇用 主により日本に派遣されて就労する技能実習生については、適用調整の対象となり得ます。



【日・中社会保障協定の手続~全体概要~ (中国から日本への派遣)】

日本の年金制度の加入免除を受けるには、原則として派遣前に中国の社会保険管理センターにおいて「適用証明書」の交付を受け、求めに応じて年金事務所に提示してください。


image.png


[日本に派遣される前の手続き]

 日本への派遣前に中国の社会保険管理センターに「適用証明書」の交付申 請をしてください。 

(注)次の方には中国から適用証明書が交付されません。


①中国企業と雇用契約がなく日本国内の企業に直接雇用される方 

②日本で自 営業者として就労する方 

③中国の年金制度に任意加入している方 〔日本に派遣された後の手続〕 


〔日本に派遣された後の手続き〕

日本への派遣後は、求めに応じ、日本の年金事務所に対して中国で交付された適用証明書を提示してください。

協定発効前より日本に派遣され就労している被用者の方は、中国で交付さ れた適用証明書を日本の年金事務所等に提示の上、「資格喪失届」を提出してください。


image.png


出典:在瀋陽日本国領事館ホームページ(https://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/files/000498280.pdf